建設求人で差をつけるimage
サイトマップ

コンテンツ

建設業界における社会保険問題

下請け、孫受け企業では、社会保険未加入業者多くみられ、これは建設業の求人倍率上げている1つの原因にもなっています。

建設業界の高齢化

若者が建設業の求人に興味を示さないことが、将来、インフラ設備の支障へと繋がっていってしまうかもしれません。

外国人労働者と建設業界

求人ニーズが高い建設業界では、永住者、留学生、技能実習者と、さまざな立場の外国人が働いています。

若手人材が不足している建設業界

働く人の3分の1が55歳以上である建設業界は、平均求人倍率が4倍強と慢性的な若手不足状態が続いています。

建設業への女性の進出

求人倍率が非常に高い建設業界は、女性技能者・技術者も活躍できるような職場環境へとかわってきているようです。

建設業界でのさまざまな給与

一般的に求人倍率が高い建設業ですが、職種や資格、そして経験によって平均年収が大きく異なっています。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント