建設求人で差をつける

建設業界でのさまざまな給与

一般的に求人倍率が高い建設業ですが、職種や資格、そして経験によって平均年収が大きく異なっています。
建設求人で差をつけるimage
建設業界でのさまざまな給与

建設業にはさまざま業種があり、業種によって給与もかなり異なりを見せているようです。

まずは、道路、トンネル、ダムは橋つくり等と大規模工事の計画作成をしたり、現場監督をしたりする仕事である土木施工管理士です。

3000万円以上の工事を発注者から請け負った場合、土木施工管理士が必要とされるので、大口の仕事をメインでしている建設会社では、1級の土木施工管理士の資格は高く評価さえ、求人倍率が高い職種の1つでもあります。

平均年収は600万円前後となっているようです。

駅、ビル、デパート等の大規模施設から、一般住宅までと、建物の配線をはじめとし、電気設備等の工事や備え付け作業を行なうのが電気工事士です。

建設業の中でも、平均年収が、250万円~600万円と、経験によってかなり給与額に開きがみられる職種です。

近年、オール電化の住宅が増えてきていることから、電気工事士の求人数も同様に上昇していくであろうと思われてます。

リフォーム等を手がける内装業者で、天井、床、壁、カーテンなどの内装を仕上げるのが内装士です。

資格なしでもできる建設業の1つですが、顧客の信頼を得る為に、内装仕上げ施工技能士と呼ばれる国家試験を取得している場合が多いようです。

顧客数と能力によって年収も異なり、平均年収は、250万円から400万円前後のようです。

平均年収が650万円、そして手がけた建物の評価によっては年収1000万円以上も夢ではないのが、建築士です。

建築士は、一級、二級ともに求人倍率も高く、団塊世代が定年を迎えるとより需要が高まると思われています。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント